Caprice Des Dieux 285g
Caprice Des Dieux 285g

Caprice Des Dieux 285g

通常価格 ¥1,800 販売中

カプリス・デ・デュー

カプリス・デ・デューが作られ始めたのは1956年、第二次世界大戦が終わり、フランスの国民がようやくちょっと贅沢な食品に目を向ける余裕ができた頃でした。製作者はフランスを代表する乳製品のメーカー、ボングラン社の創業者ジャン=ノエル・ボングランです。カプリス・デ・デューは、シロカビタイプのチーズでカマンベールとよく似た味わいですが、牛の生乳に生クリームを加えて作るダブルクリームの製法をとっていますので、カマンベールよりもコクのあるリッチな味わいが特徴です。カプリス・デ・デューとは「神様の気まぐれ」という意味があり、いかにもフランスらしい洒落たネーミングです。

Over 60 years ago, Caprice des Dieux was developed by Jean-Noël Bongrain. Also known as, “Caprice of the Gods”, it is a heavily soft-ripened cheese made from cow’s milk. Due to its oval shape, blue packaging, smooth and creamy consistency, it looks a bit different. In about two weeks, the cheese attains full maturation with a bloomy rind. Under its velvety skin, it has a pure taste of fresh milk and cream with buttery, nutty and smooth flavour. This soft cheese has a fat content of 60% and pairs with Red Wine, White Wine and Champagne.