Mimolette 100g
Mimolette 100g

Mimolette 100g

通常価格 ¥850 販売中

ミモレット

ミモレットはフランス原産のチーズの一種。
原料は牛乳だが、アナトー色素を使っているので色はオレンジ色。大きさは20cmほどの上下がつぶれたボール状。表面はクレーターのような穴が開いて、粉を吹いている。種別はセミハードチーズ、またはハードチーズに分類される。
チーズダニが住み着いており、ダニの力で熟成するチーズである。外皮の穴はダニが食べることで作られる。若いものは弾力があり、角切りにしてサラダなどに使われたり、薄切りにしてサンドウィッチに挟んだりする。熟成したものはヴィエイユ(Vieille、老成)と呼ばれ、カチカチに硬くなり、切るというよりも割るといった感じになる。通常、外皮の箇所は不味であるため取り除かれ、オレンジ色の箇所だけを食べる。チーズダニの生息する箇所を口にしても人体に害はない。
1年以上たつと硬さが増すが、硬くなるほど風味が増すといわれ、特に18ヶ月以上のものは、からすみにたとえられることも多く、日本酒との相性もよい。温度管理を失敗しダニが死滅したものや外皮を取り除いたもの、切り分けてパッケージしたものは熟成が止まってしまう。そのようなミモレットは、保存しても熟成期間に数えることはしない。

Mimolette

Mimolette is a cheese traditionally produced around the city of Lille, France. In France, it is also known as Boule de Lille after its city of origin, or vieux Hollande for being made after the tradition of Edam cheese.

It was originally made by the request of Louis XIV, who – in the context of Jean-Baptiste Colbert's mercantilistic policies – was looking for a native French product to replace the then very popular Edam. To make it distinct from Edam he seasoned it with annatto to give it a sweet and nutty flavor and a distinct orange color.

It normally weighs about 2 kg (approximately 4.5 pounds) and is made from cow's milk. Its name comes from the French word mi-mou (feminine mi-molle), meaning "semi-soft". This refers to the softness of the crust when young – with age it becomes harder. It has a grey crust and orangish flesh. The orange color comes from the natural seasoning, annatto, which has a sweet and nutty flavor. The cheese has a similar appearance to a cantaloupe melon.